/dev/null

A kind of black holes.

Linux に起動音と終了音を付ける方法♪

Cinnamon, KDE, Trinity など一部のDE

  1. システム設定画面からサウンド設定項目を開きます。
  2. そこで任意の効果音を選択できます。

Manjaro (Arch)

起動音

下記 その他 Ubuntu/Debian を参照。

終了音

1.) 好きな音源を用意します。

2.) ogg (Ogg Vorbis) 形式でない場合は、ffmpeg -ar 44100 -ac 2 -i 音源ファイル名 出力ファイル名 で変換します。

3.) /usr/share/sounds/freedesktop/stereo/ 以下に system-shutdown.ogasystem-shutdown-reboot.ogaの名前でコピーします。
stereoフォルダにはどちらのファイルも存在しないはずなので、通常はバックアップは不要です。)

sudo cp ファイル名 /usr/share/sounds/freedesktop/stereo/system-shutdown.oga
sudo cp ファイル名 /usr/share/sounds/freedesktop/stereo/system-shutdown-reboot.oga

4.) canberra-system-shutdownサービスを有効化します。

sudo systemctl enable canberra-system-shutdown

これで、シャットダウンと再起動時に音が流れるはずです。

その他 Ubuntu/Debian 系 (想定はLXDE, LXQt, Xfce)

起動音

いくつか方法があります。

  • ホームディレクトリ(~/または/home/$USER/)の直下にある.profileに再生コマンドを登録

  • 自動起動するアプリケーションとして、再生コマンドを登録

  • /usr/share/sounds/freedesktop/stereo/ に好きな音源をdesktop-login.ogg (もしくは oga, wav)としてコピー

1・2番目をおすすめします。

音源再生のコマンドとしては

  • play /path/to/file or paplay /path/to/file

  • gtk-canberra-play -f /path/to/file

をおすすめします。

終了音

Cinnamon, KDEあるいは昔のWindowsなどと同じタイミングで終了音を鳴らす一般的かつ確実な方法は不明です。 代替として、

  • セッションの終了ダイアログを表示するときに音を鳴らす

  • 専用のサービスを作成してsystemctl で有効化

の2つの方法が考えられます。後者は難易度が高いので前者をおすすめします。

やり方は、

1.) /usr/local/binスクリプトを作る。ファイル名は LXDE ならlxsession-defaultと、Xfce ならxfce-session-defaultなどとします。

2.) 以下の内容を書き込んで保存する。

#!/bin/bash  
paplay 音源へのパス  
/usr/bin/作ったファイルと同じ名前  

3.) 実行可能にします。

sudo chmod +x /usr/local/bin/作ったファイルの名前

こうすればダイアログ表示のときに音が流れるはずです。
注意点は、3行目のsessionの部分は必ず絶対パスで書くことです。
さもないとこのファイル自身が無限に呼び出されて壊滅的な音がなります!

サスペンドを有効化する!【Lubuntu オン VAIO のノートパソコン】

消費電力を抑えて休止したいってときがよくあります。 作業途中にお風呂入ったり、ごはん食べたり・・・・・・

そういうときに便利な「サスペンド」機能は、Lubuntu標準でつかえるはずなのですが、 VAIO PCではあることをする必要がありました。 それを記録しておきます。

そもそもサスペンド・ハイバネートの違いはなんだっけ?

これ、わかりやすい。

sittoku.net

Windowsでいうところのスリープが、Linux系のサスペンド。 休止状態が、ハイバネーションですね。

記録

qastack.jp

参考になります!

/etc/default/grub をroot権限で編集。

sudo gedit /etc/default/grub が手っ取り早いかも。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULTと書いてある行(上から見ていくと早く見つかる)の右辺に、 半角スペースをあけてつぎを追加。`acpi_sleep=nonvs`

意味はNo NVSだそうですが、どうでもいいです。うごけばいい! 詳しく知りたいなら サスペンドとハイバネート - ArchWiki をみよう。

sudo update-grubで、変更を適用。

ハイバネーションはできない!?

コンピューターのハイバネートはどのようにすればいいですか? - Ubuntu 18.04 LTS デスクトップガイド改 の指示通りに試してみたら、ハイバネートは機能しないことが判明。こちらはあきらめました・・・・・・。 swapパーティションも確保しているし、resume=/dev/sda1も設定したんですけど・・・・・・(initramfsの設定は、説明で前提とされていたファイルがなくて、わからんくなってやめた)。

でも、Lubuntu 20.04 が動いている HP miniのノートパソコンでは成功したので、指示通りに「メニューからハイバネートできるように」設定をしました。

sudo gedit /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/com.ubuntu.enable-hibernate.pkla

で、つぎを書いて保存。

[Re-enable hibernate by default in upower]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.upower.hibernate
ResultActive=yes

[Re-enable hibernate by default in logind]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.login1.hibernate;org.freedesktop.login1.handle-hibernate-key;org.freedesktop.login1;org.freedesktop.login1.hibernate-multiple-sessions;org.freedesktop.login1.hibernate-ignore-inhibit
ResultActive=yes

とりあえずサスペンドできればよしとしますか。不服ですが。

20.6.15.23 デュアルブートのやつ、「GRUB」の起動順序!

GRUBに前回の起動OSを記憶してもらう設定。

GRUBをイジるので、念のため大切なファイルをバックアップしておきましょう。

  • /etc/default/grub をひらく。
sudo leafpad /etc/default/grub
  • たぶん上の方にかいてある GRUB=DEFAULTGRUB_SAVEDEFAULT の値をつぎのように書き換える。なければ追加しておこう。
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_SAVEDEFAULT=true
  • 保存して、つぎのコマンドを実行する。(コレを忘れると、反映されないかも)
sudo update-grub

まとめは以上です。

Windows, Ubuntu 両方をちょくちょくつかうわたしには、とっても便利でしたーー!

参考サイト

www.terakin.com

20.6.15.22 %userprofile%ってなに!? Windows環境変数について

windir userprofile などは Windows環境変数とよばれるもの。

Windows アプリケーションからは %でかこんで値にアクセスできる。

rem 例

echo %windir%
rem Windows のシステムがインストールされているディレクトリが格納されている。C:\Windows, C:\winnt など。

echo %userprofile%
rem ユーザーの個人ファイルが置かれる場所。最近のWindowsでは C:\users\ユーザー名

Hot Soup Processor から環境変数にアクセスするためには、getenv命令をつかう。

 getenv env, var
    ; env : 取得したい環境変数の名前。%をつけないで。
    ; var : 取得した値を格納するHSP上での変数名。

まとめは以上です。

続きを読む

20.6.15.21 雑記

ライブCDの部屋」というサイトは、いろいろなLinux OSをまとめているサイトで、界隈では有名なところのようです。

わたしがOSえらびのときに参考にしたサイトでもあり、先日もLinuxBean 16.04をもとめてたずねました。

さて、そのときふと http://simosnet.com/ といういちばん上の場所にアクセスしたらなにがあるかな、というフシギなことを思いついたのでアクセスしました。

そしたらなんと・・・。

γνῶθι σεαυτόν

とだけ表示された、きわめてシンプルなWebページが現れたのです!

HTMLソースもあまりにシンプルだったのでおもわず記事にして保管しておきたいなとおもい、きょうはここに記しておきます。

ちなみに、Wikipediaによるとこのギリシャ語は「汝自身を知れ」という意味だそうです。